ブログ

ハンバーグから出る生ごみ

2018/4/12 リスポ編集部 生ごみ

今回のメイン料理はハンバーグ

家庭料理の定番ハンバーグの調理および出る生ごみについて書いていきます。

メインのハンバーグ、付け合わせに、じゃがいも、トウモロコシ、ブロッコリーを選びました。

ご飯とスープも添えて完成です。

 

この料理から、一体どれくらいの生ごみが出るか想像してください。

※このシリーズの料理および出る生ごみ量は、リスポのコアターゲットを想定して4人分とさせていただいております。

 

ハンバーグ(4人前)から出る生ごみ

こちらが今回出てきた生ごみです。

玉ねぎ、人参、じゃがいも、トウモロコシ、ブロッコーリー、卵の殻などが出てきました。

 

その総量は438gでした。

※4人前のハンバーグから出た総量

 

いかがでしょうか?

予想した生ごみ量と比べて、多かった方も少なかった方もいらっしゃると思います。

実際に調理をして出てきた生ごみなので、間違いない数量です。

 

生ごみの処理について

現在、料理した後に出た生ごみは、そのまま燃えるごみとして出している方がほとんどだと思います。

家庭用生ごみ処理機 respo(リスポ)は、こういった生ごみを優良な堆肥に変えることができるエコ商品です。

ハンバーグから出た生ごみも問題なく家庭で処理するだけでなく、堆肥として使うことができます。

「おうちで簡単! リサイクルループ!」ということで、販売開始まで間もなくとなりました。

 

 

他の料理はどうなのか気になった方が少しでもいらっしゃることを信じて、シリーズを継続してまいります。

引き続き、リスポの活動を応援してください!