ブログ

酢豚から出る生ごみ

2018/5/10 リスポ編集部 生ごみ

今回のメイン料理は酢豚

料理のローテーションとして必ず入ってくるカテゴリに中華料理があると思います。

その中で食べたくなる上位の料理に酢豚を挙げる人は多いのではないでしょうか。

ということで、今回は酢豚をメインにしました。

ヤンムウセンもどき、こんにゃくの煮物、味噌汁を添えて完成です。

 

今回の料理から、一体どれくらいの生ごみが出るか想像してください。

※このシリーズの料理および出る生ごみ量は、リスポのコアターゲットを想定して4人分とさせていただいております。

 

酢豚(4人前)から出る生ごみ

こちらが今回出た生ごみです。

酢豚には野菜も多く使うので、野菜の生ごみが目立ちます。

付け合わせからの生ごみも野菜が中心です。

玉ねぎ、人参、さつまいも、ズッキーニ、かぼちゃ、大根などが出てきました。

 

その総量は314gでした。

※4人前の酢豚から出た総量

 

過去に紹介してきた料理と比べるとちょうど真ん中あたりの生ごみ量です。

現時点では400gを超えると生ごみは多めだという印象です。

洋食、和食、麺類、中華とバリエーションが少しずつ増えてくると結果も様々です。

どのカテゴリの料理から生ごみが多く出るのか知ってもらえると嬉しいです。

 

生ごみ処理はリスポにお任せ

家庭用生ごみ処理機リスポは、生ごみを堆肥に変えるエコ商品です。

1回700gまで生ごみの投入ができて独自菌床で分解していきます。

今回出てきた生ごみもリスポを使えば家庭で簡単にリサイクルループが実現できます。

 

それでは、引き続き料理から出る生ごみシリーズを続けてまいります。

今後どういった料理が登場するのか、お楽しみください。