ブログ

生ごみ投入バランス比較試験

2018/2/16 リスポ編集部 ニュース

家庭用生ごみ処理機 respo(リスポ)は独自菌床と生ごみを撹拌することで、生ごみを分解し優良な堆肥へと変えていきます。

機械の仕様を決めていく際に難しいのが、生ごみといっても各家庭で出る生ごみは毎回違うということです。

同じ家庭であっても、野菜が多い日もあれば、肉や魚が多く生ごみとして出る日もあるでしょう。

そうすると、菌床は生き物なので、全ての生ごみに対して必ずしも同じ反応を見せるとは限らないのです。

とはいえ、ある程度の画一的な基準がなければ、画期的ではありません。

その基準を作るためにも、家庭から出てくる生ごみのあらゆるパターンを想定して、生ごみを投入しては結果をデータ化するという試験を行っています。